嵐・櫻井翔くんのパパ(桜井俊さん)の経歴は?電通の執行役員に!

こんにちは!ひまわりです!

嵐の櫻井翔さんのお父さんのが
電通の執行役員に就任という
ニュースが流れてきましたね。

そこで、今回は桜井俊さんについて
調べてみようと思います。

スポンサードリンク

桜井俊プロフィール

本名 桜井俊(さくらいしゅん)

生年月日 1953年12月14日(63歳)

出身地 群馬県

高校 群馬県立前橋高等学校卒業

大学 東京大学法学部卒業

長男は嵐の櫻井翔さんで
櫻井翔さんには妹さんと弟さんがいます。

桜井俊の気になる経歴は?

桜井俊さんは東京大学法学部を卒業後
旧郵政省に入省したそうです。

優秀な人材が多かったことから
「花の52年組」と
言われたんだそうですよ。

2001年に総務省が発足した後は
情報通信国際戦略局長、
総合通信基盤局長を経て
総務審議官となったそうです。

そして、2015年7月に
総務事務次官に昇格が内定して、
メデイアなどでは
櫻井翔さんのパパ!!
ということで取り上げられたのが
記憶に新しいのではないでしょうか?

2016年には舛添都知事の後任の
都知事候補として出馬するのは?
と注目されましたが、
きっぱりと否定していましたね。

2016年に総務事務次官を退官して、
三井住友信託銀行の顧問に就任。

そして、今回『電通』の執行役員に
就任したそうですね。

エリートの中のエリートといった経歴で
まだまだ活躍の場が桜井俊さんのことを
待っているようですね。

今後の活躍に期待ですね!

スポンサードリンク

まとめ

嵐の櫻井翔さんの翔くんパパとして
職場でもきっと大注目されているのでしょうね。

現在は63歳の桜井俊さんですが
総務事務次官を経て
三井住友信託銀行の顧問から
『電通』の執行役員に!
大抜擢ということでしょうか?

『電通』では…
長時間労働問題で課題となった
法令順守の徹底など
内部統制機能の強化を担当することに
なっているんだそうですよ。

よりよく労働環境が改善されて
過労自殺なんてことが起きない
会社になるといいですね。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする