田中彩子(ソプラノ歌手)はかわいいけど面白い日本語や記憶力がヤバイ!【嵐にしやがれ】

こんにちは!ひまわりです!

今回の『嵐にしやがれ』に
天才ソプラノ歌手の田中彩子さんが
出演されます。

田中彩子さんは見た目とトークの
ギャップがスゴイ!!というのが
印象的ですね。

海外生活があまりにも長いということで
ちょっと変な日本語がかわいい!

って興味を持たざるをえないくらいの
面白トークがホントに笑ってしまいますね。

そこで今回は田中彩子さんについて
まとめてみようと思います。

田中彩子プロフィール

出典 http://www.ayakotanakasoprano.com/

本名 田中彩子(たなかあやこ)

生年月日 1984年2月23日(33歳)

出身地 京都府

身長は非公開のようでしたが
スタイルもかなりいい感じです!

現在はヨーロッパを中心に活動する
ウィーン在住のソプラノ歌手ということです。

田中彩子の日本語が面白い理由は?記憶力がヤバイ!

10代の頃から海外生活が長いということで
日本語がとてもたどたどしいところが
どうしてなのかな~と疑問を持ってしまうところで
今回も「そんなに日本語わすれちゃう?」という
嵐からの質問にはヨーロッパの言語の発声と
日本語の発声の時に使う筋肉が違うことから
変な日本語になってしまうとお話していましたね。

海外生活が長すぎて日本語をほとんど使わなかったら
忘れてしまうのも当然なのかもしれないですね。

最近多い…帰国子女は家族と海外赴任先で過ごすことで
家族とは日本語を使うところを
田中彩子さんは単身で10代の頃から
海外で過ごしていたということで
全くといっていいほど日本語を話す機会が
無かったようですね。

そんな環境で長い海外生活の為に
現在の面白い日本語になってしまったようですね。

面白い日本語を喋るというところは
マルシアさんの喋りに似ている感じがしますね。

そして、記憶力がヤバイ!という田中彩子さん。

大事なことは忘れないようにメモするということですが
メモをしてあることで見ることすら
忘れてしまっているんだとか…

物忘れあるある!ですね~

でも、田中彩子さんのクール・ビューティーな
見た目からはオチャメな一面として
たどたどしい日本語や物忘れ?
などが魅力的なところなのではないでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

もともとピアニストを目指していたという
田中彩子さんですが天才ソプラノ歌手になったのは
田中彩子さんのコロラトゥーラという…
高音の歌声に注目が集まったことで
現在の天才ソプラノ歌手の才能が
見出されていったそうですね。

普通にお話する時とソプラノ歌手としての
歌声は全く別人と思ってしまうギャップが
魅力的でオチャメでかわいいな~と見入ってしまいます。

10代の頃から単身ヨーロッパに渡り
現在もウィーン在住で日本と行ったり来たりで

主に海外を中心に活動していたようですが
日本では2014年11月に
エイベックス・クラシックスより
CD「華麗なるコロラトゥーラ」
でデビューしたそうです。

2014年からは毎年秋に
全国ツアーを開催していて、テレビ出演する姿も
見るようになりました。

以前、朝の情報番組にも出演していて
東京見物している田中彩子さんを見たのですが
やっぱりその時もかなりのインパクトがあって
とっても気になる存在でした^^;

今後の田中彩子さんに益々注目したいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする