丸岡いずみの不妊の原因は不育症だった?!ロシアで代理出産を選んだ理由は?子供の性別や体重は?

こんにちは!ひまわりです!

有村昆さんの奥さんで…
元局アナで報道記者で現在はタレントとしても
活躍している丸岡いずみさんがロシアで
代理出産による男の子を無事出産していたことが
報じられましたね。

丸岡いずみさんというと…
宮根誠司さんの『情報ライブミヤネ屋』では
報道記者としてニュースを伝えてくれて
当時宮根さんからは『奇跡の38歳!』と
言われていましたね。

そんな丸岡いずみさんが無事にママとなった
ということで嬉しいニュースが
飛び込んできましたね。

そこで今回は
丸岡いずみさんについて
注目したいと思います。

スポンサードリンク

丸岡いずみプロフィール

出典 http://www.horipro.co.jp/maruokaizumi/

本名 丸岡いずみ(まるおかいずみ)

生年月日 1971年8月6日(46歳)

出身地 徳島県

血液型 O型

大学 関西学院大学文学部卒業(文学士)

大学院 早稲田大学大学院人間科学研究科修了(人間科学修士)

所属事務所 ホリプロ

旦那さんは映画コメンテーターの有村昆さん

不妊の原因は不育症だった?!

丸岡いずみさんと有村昆さんは
2012年8月に結婚しています。

結婚前は報道記者として東日本大震災を
取材していてストレスと疲労からか…
震災うつを患い、しばらくテレビから
姿を消していましたね。

その後の結婚発表だったので
元気になれたのかな~とホッとしたのを
思い出しますね。

そんな丸岡いずみさんが2012年から
不妊治療に取り組んでいたということで

当時丸岡いずみさんは41歳での結婚ですが…
きっと、お子さんの誕生も夫婦して
楽しみに心待ちにしていたのでしょうね。

結婚して程なくして自然妊娠したそうですが、
10週目で流産してしまったそうです。

その後は不妊治療に取り組むことを決めたのでしょうね。

体外受精による不妊治療を始めて、
受精卵を子宮内に戻したところ、
再度妊娠したものの、やはり流産という
悲しい結果だったそうです。

妊娠はするもののうまく育たなかった原因は…

子宮内膜が薄いことによる「不育症」
の疑いがあったようですね。

では、「不育症」とはいったいどのような
ことなのでしょうか?

せっかく妊娠しても、流産や死産、
新生児死亡などを繰り返し、
子どもをもてないことを不育症と呼ぶんだそうです。

一般的には、2回流産・死産を繰り返した場合には
不育症を疑い、検査などを行うそうです。

丸岡いずみさんの場合は…

子宮内膜が薄いことから受精卵がうまく育たず
投薬治療に取り組んだそうですが
副作用に悩まされてしまったんだそうですね。

この頃は身体的にも精神的にもかなりつらかった
時期を過ごしていたようです。

このような不妊治療に取り組んでいたことを
全く知りませんでしたが人知れず
頑張っていたんですね。

気になる続きは次ページへ!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする