元アイドルの沢田富美子の経歴や資産は?自宅は8LLLDK!【アウトデラックス】

こんにちは!ひまわりです!

今回の「アウトデラックス」のゲストに
元アイドルで現在は
港区をこよなく愛する不動産女王となり
不動産投資に関するセミナーでは
講演を行ったり、
各企業の不動産コンサルティング、
アドバイザリーとしても
活躍しているそうですよ。

そこで今回は
沢田富美子さんについて
調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

沢田富美子プロフィール

出典 https://tv.yahoo.co.jp/program/59026680/

本名 沢田富美子(さわだふみこ)

生年月日 1961年12月18日(57歳)

出身地 愛知県名古屋市

1980年代に活躍した元アイドル

沢田富美子の経歴は?資産は?

現在57歳の沢田富美子さんは
元アイドルということですが
歌手になる前はモデルとして活動していた
時期もあるということです。

また、グラビアの紙面にも多数
登場するという。。。
とても華やかに活動していたそうです。

57歳という実年齢からすると
とても、キレイな女性ですよね。

そんな沢田富美子さんは1983年には
芸能活動を休止してパリ、ニューヨークに
留学してこの期間中に、
会社を起業し経営者としての
第一歩を踏み出したのが
現在のルーツとなっているようです。

アイドルで大活躍していた
19歳の時に…ローンを借りて
ワンルームマンションを購入した
沢田富美子さん。

アイドルで収入がかなりあったとはいえ
いきなり不動産を買おう!と思ったのも
なかなか思い切った決断だったに違いないと
想像しますが。。。

なんでも沢田富美子さんは
子供の頃からリカちゃんハウスを増築して遊ぶという
少し個性的な遊びをしていたそうで
モデルハウスを見たり
家や土地を愛する幼少時代を過ごしていて
不動産投資に興味があったことから
大人になって不動産女王となったのは
夢を実現した感じなんでしょうね。

いや~それにしても
ここまで成功した過程を
すべて独学!!だったというのには
カッコ良すぎる!!というのが
私の率直な感想です。

アイドルとしての活動わずか3年、
その後は麻布十番にキャッシュで土地を
購入したところ後に麻布十番駅や
六本木ヒルズなどができたことで
地価が6倍にも跳ね上がったという
なんとも先見の眼の持ち主なんですね。

そして、さらに銀座シックス近くの
銀座のビル2棟や赤坂・溜池山王・
麻布・表参道など都心の超一等地に
商業ビルを10棟前後所有していて
資産は数十億円から100億円に及ぶそうです。

そんな成功体験を積んだ経験を
「100戦無敗の不動産投資術
元アイドルが独学で数十億の資産を築いた秘密」
という本を出版したり、
各種セミナーでの講演や、
各企業の不動産コンサルティングを
行っているということです。

「どんな物件を購入したら良いのか?」などの
不動産投資の相談など1時間あたり
100万円でコンサルティングを
受けているんだそうです。

これだけの成功者の助言となると
100万円あったらちょっと聞いてみたいな~
と思う人も多いのかもしれませんね。

確かに「沢田富美子」と打ち込むと
「講演」という関連キーワードが出てくるのは
実業家としての実績からということが
今回、いろいろ調べてみてわかりました。

スポンサードリンク

沢田富美子の旦那や子供は?自宅は?

沢田富美子さんはパリ留学のときに
知り合った経営者の男性と結婚したそうですが
旦那さんを食道がんで亡くしているそうです。

旦那さんとの間には長男が誕生していて
詳しい情報はわかりませんでしたが
20代ではないでしょうか?

そして、現在も再婚はしていないようですが
自宅は豪華な8LLLDKの大豪邸でどんな暮らしを
しているのか?大変気になりますよね。

「アウトデラックス」ではその自宅が
テレビ初公開ということで公開されていましたが
外観はお城のような非常に特徴的な建物だそうで
ヴェルサイユ宮殿の宮殿大工さんが建てた
5階建てのお家で芸術科のダリの工房で作られた
螺旋階段があり20畳の応接室や
15畳の寝室、30畳のリビングルームは
お城仕様で成功の証が
8LLLDKの大豪邸ということでしょうか。

まとめ

ということで今回は元アイドルで
現在は不動産女王として都心の一等地の商業ビルを
いくつも所有しセミナーや講演を行って
自身の成功体験をお話したりと
実業家に華麗なる転身を果たしたということで
メデイアからも注目されています。

それにしても六本木ヒルズや麻布十番駅が
出来る前にキャッシュで土地を購入したとは
まさにお金がお金を生み続けた
不動産投資に対するセンスは素晴らしい
スキルの持ち主ですよね。

いやはり、子供の頃から不動産に興味を
持っていたというところが
持って生まれた才能があったんでしょうね。

最後までお読みいただき有難うございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする