親が今になって思う子供にやらせて良かった!無駄だった!習い事とは?

こんにちは!ひまわりです!

私は子供の頃は、音楽が苦手で
縦笛のテストでは上手く吹けた記憶は
なく、楽譜を読むのは今だに苦手です。

そして今まで、ピアノには全く無縁で
生きてきましたが、つい最近、
ピアノを習い始めて、
楽しく練習に励んでいます。

まあ、私の事はさておき、
今回は、子供の頃にやらせて良かった!
無駄だった!習い事についてです。

スポンサードリンク

子供にやらせて良かった習い事とは!

私が実際、子供に習わせて良かった習い事3選!
ということでまとめてみました。

1.ピアノ

メリット  生涯の趣味として楽しめる。
デメリット 費用が高い。

2.スイミング

メリット  体が丈夫になる。
泳げるようになる。

デメリット 特になし。

3.くもん

メリット  計算が速くできるようになる。

デメリット 宿題がたいへん。

子供も高校生に成長して
子ども自身と子供の頃の習い事について
話すことがあり、このような習い事が
振り返って習って良かった!
という結果になりました。

習い事は親が子供にやらせたいものと
子ども自身がやりたいものが一致するのが
理想的ですが、実際に習って良かった!
と思う親子の総合的な結果です。

私なりに習ってよかった習い事について
分析してみると習ったことで、
子供の頃から現在に渡って、
目に見える形で成果が現れて、役に立ち、
習っておいて良かった!
と思う瞬間があると、やっていて良かった!
と改めて感じるのではないでしょうか?

例えば、ピアノを習っていた事で、
合唱コンクールの伴奏をすることになった、
スイミングを習っていて、
水泳のテストでうまく泳ぐことが出来て
級が上がる!くもんを習っていて、
計算が速い!など自信を持って
出来るようになる。など・・・。

習い事は大人になってからも出来ますが
子供の頃にやっておいた方がいい!と
思うのが、ピアノ・スイミング・くもんでした。

私がつい最近習い始めたピアノは
脳と指先が連動するのに、脳トレ状態です(笑)

スポンサードリンク

子供にやらせて無駄だった習い事とは!

3歳から始めたネイティブの先生に習っていた
英語です。

子供にやらせて無駄だった習い事!
と言っても完全に無駄というのは
親目線なのかもしれませんね。

子供にとって、何かしらの
ベースになっているのかもしれない、
いや、なってて欲しい!と
思うのですが、どうしても
成果が目に見えないところが無駄だったかな?
と感じるところです。

そもそも、英語は子ども自身、
あまり興味を持っていませんでしたが
将来的に英語が話せたらな~という
親の考えでスタートしましたが
やはり、興味がないものに芽は出ませんでした。

子供の習い事選びのポイントは?

子供が小さかった頃は親が子供にやらせたい
習い事を選んでしまいそうですが
子供が興味を持っていること、
子供が好きなコト!

と思って始めることが何より
優先すべき
ポイントだと思います。

私は、子どもたちにピアノ・スイミング・
くもん・英語の他にもサッカー・体操
・パズル教室・リトミックなど・・・
いろいろな習い事をさせました。

でも、親主導の習い事は結果的に
子供のモチベーションが低く、
続かずに辞めることとなりました。

また、習いごとを始める前に親子で
目標を決めて、途中でやめずに
目標を達成すると決めることが大事です。

まとめ

今回は子供にやらせて良かった習い事は?

1.ピアノ

2.スイミング

3.くもん

無駄だったのは?

英語

ということについて
まとめてみました。

結局、子供の興味のあるものが1番!

最後までお読みいただき有難うございました!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする